水イメージ

HOME > 炭のページ

炭について。

◆炭の力を昔の人は知っていた。
炭のトレードマーク

今から数年前、古事記の編者として知られる太安万侶(おおのやすまろ)の墓が奈良の郊外で発見されましたが、そのきっかけは畑にあった大量の備長炭です。残念ながら木簡しか発見されませんでしたが、その遺体を大事に保存しようとして炭で周囲を包んだと想像します。

雪深い東北地方で古い蔵を解体すると、木炭を敷きつめたり壁に塗りこんだ跡があったりなど、よく見聞きしますのも、炭の持つ特性を先人達はよく知っていたからではないでしょうか。

◆炭の効能。

炭が持っている様々なパワーを表にまとめました。

酸化を防ぐ 食品などを長持ちさせ、腐敗、劣化を防ぎます。
すっきりする 人体を快適なアルカリ性(Ph7.3)に導きます。
汚水の浄化作用 河川中の微量な洗剤なども吸収します。当然、飲料水も浄化しよりおいしくします。
遠赤外線を含んでいる ご飯や煮物、揚げ物も美味しく出来ます。
農作物、植物の土に有効 有用な微生物を増やして土壌を健康にします。そして食物の病気を防ぎ、さらに美しく長持ちさせます。
多孔質 通気・吸収性が高く、土の透水性・保水性を改善します。
脱臭効果 アンモニアなどを吸収し、濃度障害を和らげます。
高い吸着性 表面にある無数の穴が湿気や有害物を吸収します。半永久的に湿度を保ち害虫を防ぎます。

活性炭と備長炭。

当店オススメの活性炭と備長炭についてご紹介いたします。

◆活性炭について

活性炭は地球の薬

土は生き物が存在していく上で、必要なもの全てを生み出してくれます。穀物や野菜などの食料ばかりではなく、樹木や多種多様な草を茂らせ、生命活動に不可欠な酸素を提供してくれます。さらに、土は食べ残したものや排泄物、汚物、そして生き物の死骸までも、その深い懐に抱き入れ、分解し浄化してくれます。まさに、「土は母なる大地」であります。

農業では「適地適作」、林業では「適地適木」という言葉があります。そして、何かを起こそうとするとき、「しっかりと大地に足を着けて」と言われ、「土と離れると病気になる」という言葉もありました。

このように大地そのものも、私たち人間と同様に生き、活動しておりますが、私たち人間の側は、大地をむやみに掘り起こして、高層ビルや地下街をつくり、そのため大地は傷つだらけになって、神経(地電流)や血液(地下水)はズタズタに切断されています。その結果、大地に住む人間はもちろん、動植物もさまざまな疾病にみまわれ、そのたびに新しい薬や化学肥料、農薬の世話になっています。そして、その薬や農薬が、また新しい疾病を引き起こしています。

私たちは本来、大自然の恵みの中に生かされています。

こうした環境の破壊が止まない今日、何とかして大地を蘇らせなければ、人も動植物もおかしくなってしまします。

今一度、私たちの足元の大地に思いを寄せ、「地球の薬」といわれる「炭」を利用することによって、自然環境の基礎となる大地を再生しなければならないと考えます。炭はシックハウス症候群、シックスクール症候群の原因物質といわれる建材に含まれるホルムアルデヒドや塗料に含まれるトルエンを容易に吸着分解します。

炭の調湿作用による冷暖房効率の上昇が、炭酸ガス排出を抑制し、地球環境の保全に貢献できる工法であると同時に、その効果が半永久的に持続できることが大きな魅力であります。

弥生時代後期(2500年前)から「炭素埋設」が行われていたといわれます(石野博信著「日常の居住建築」、森浩一編「古代日本の知恵と技術」大阪書籍 1985.3)。

「愚者は経験に頼り、賢者は歴史に学ぶ」という言葉もあります。「炭の利用」は大自然との共生を考える上からも、地球に恩返しできる工法であり、次代を担う子孫に遺産として残せる技術でもあると確信しています。

◆備長炭へのおもい

ウバメガシ

ウバメガシが詰められて20日、出し口が大きく開かれた。かまの中は1400度の黄金の炎となって、原木が形そのままの姿で輝いている。青白い火炎を激しく吹き出す天井のバイ。真っ暗闇に浮かぶその光は何とも美しく、幻想の世界を思わせる。

高知県室戸市吉良川、土佐備長炭のかま出しだ。チャリン、チャリン、炭が触れ合って、快い金属音をかまの中に響かせている。吊鉤に載せられたコザと呼ばれるかき出し棒を握りしめ、炭を手前に向け変えながら、優しく、ゆっくり、ゆっくりと引き出す。まるで長く伸ばした自分の腕のようだ。

かま口に寄せられた真っ赤な炭は、外気をいっぱい吸い込んで白金色に変わっていく。この床ねらしで炭は温度を高め、硬く硬くしまっていくのだ。

備長炭

遠く土佐白炭に源を発し、風雪の歴史を生き抜いてきた土佐備長炭。日本の備長炭生産の一翼を担い続けている。炭を焼く人たちの知恵と努力の結晶であるこの芸術品は、どのようにして作られ、地域の伝統産業として守られてきたのだろうか。

90年の土佐備長炭の道をただりながら、激しい労働の中でたくましくおおらかに生きる人々を訪ねてみよう。私たちはきっとそこに、炭の文化・暮らしの文化を高め、働く人たちの未来を開いていく新しい何かを発見するに違いない。

炭でお家と住む人を健康に!。

炭キャラクター

エレクトロンマエダでは、埋設用炭製品と長年培った炭素埋設(炭埋)のノウハウをご提供いたします。

大地の薬と言われる炭のパワーで、家屋を長く健全に保ち、住む人の健康を支える理想の住環境を手に入れましょう。一般住宅、喫茶店、レストラン、体育館や福祉施設など、多数の導入実績がございます。

ここでは、お客様の条件に合わせた環境改善方法をいくつかご紹介いたします。

1.ヤシガラ活性炭 炭素埋設
ヤシガラ活性炭 炭素埋設 環境にやさしい、最高の住環境を。

詳しくは、こちらをご覧ください → ヤシガラ活性炭 炭素埋設(炭埋)

2.床下・押入用 ヤシガラ活性炭
床下・押入用 ヤシガラ活性炭 床下に敷きつめるだけで住みよい環境を作ります。

詳しくは、こちらをご覧ください → 床下・押入用 ヤシガラ活性炭

** こちらの商品の販売は終了いたしました。ありがとうございました。 **
3.床下敷用 備長炭
床下敷用 備長炭 炭埋,埋炭(建物の構造上)が出来ない場合の本格的な施工方法です。

詳しくは、こちらをご覧ください → 床下敷用 備長炭

お気軽にお問い合わせください。 → お問合わせ・資料請求