イメージ

HOME 施工例 > 床下・押入用 ヤシガラ活性炭 炭素埋設

床下・押入用 ヤシガラ活性炭

** こちらの商品の販売は終了いたしました。ありがとうございました。 **
◆床下・押入用 ヤシガラ活性炭の使用方法

施工例住宅や店舗などの床下に活性炭を敷詰めます。最近の住宅は床下が布基礎によって囲まれているため、換気が悪く、湿気がこもりやすくなっています。これが原因でカビが発生したり柱の土台が腐ったりします。これを防ぐためには床下の温度は20℃以下で湿度80%以下にしておくことが必要といわれます。

サイズ:40cm×40cm×3cm不織布入り

中身:ヤシガラ粒状活性炭

内容量:2Kg(約3.7リットル)

施工目安:1坪当り12~16袋

不織布入ヤシガラ活性炭

(床下敷設用)

◆効果
  • 1.除湿・調湿・結露防止
  • 2.脱臭・消臭・化学物質の吸着
  • 3.防虫・遠赤外線効果
◆特長
  • 1.900℃以上の高温炭化。水蒸気賦活
  • 2.ヤシ殻の内果皮(シェル)のみを原料とするため、高品質である。
  • 3.ポーラス(微細孔)が多く、ポーラスの壁が大きい。
  • 4.表面積は1g当たり500~2500㎡のため吸着能力が抜群である。
  • 5.99.9%以上が炭素で構成され不純物が少ないため、酸やアルカリに侵されず微生物に分解されない。
  • 6.比重が重い。粉塵飛散の心配がありません。
  • 7.微粒子、粒度が100Mesh(直径0.15mm)以下で均一。形状が小さく、よく揃っているものほど大きい吸水力を持っています。
  • 8.再生品でなく、新品のため有害残存物がない。
◆ヤシガラ活性炭の除湿実験

除湿実験グラフ

【実験方法】

衣装ケース3本を用意し、次の3パターンとした。

  • 1.何も入れない
  • 2.市販の押入用除湿剤を入れる。
  • 3.ヤシガラ活性炭1袋(2kg)を入れる。

それぞれにぬれタオルを入れて湿度変化を測った。

【結果】

何もなしの場合、湿度99%まで達してしまうが、ヤシガラ活性炭を入れることにより70%前後に抑制された。

*活性炭は優れた脱臭効果も併せ持っているため、押入れ、靴箱、ロッカー、冷蔵庫等の匂い取りとしての効果も絶大です。

** こちらの商品の販売は終了いたしました。ありがとうございました。 **